PR

スポーツ スポーツ

プロ前哨戦は立正大の伊藤裕に軍配 九州共立大の島内から2ラン 明治神宮野球大会

九州共立大戦の7回、決勝の2ランを放ちガッツポーズで三塁へ向かう立正大・伊藤裕=神宮
Messenger

 明治神宮野球大会2日目の第3試合(大学の部)は0-0の七回、立正大の伊藤裕が九州共立大の島内から左翼席へ決勝2ラン。「フォークボールをうまく振り切れた。入ると思った」と豪快な一発に胸を張った。

 大会前のドラフトで伊藤裕はDeNA、島内は広島に2位指名された。プロの前哨戦に敗れた形となり「逃げに入った。悔いが残る一球」と肩を落とす島内。伊藤裕は「島内選手はプロで成長していくと思う。そこで負けないようにしたい」とかぶとの緒を締めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ