PR

スポーツ スポーツ

星稜の奥川が7回11K 「勝手にボールが走った」 明治神宮野球大会

広陵を相手に7回3安打コールド勝ちし、捕手・山瀬とグータッチする星稜高・奥川恭伸=10日、神宮球場(撮影・田村亮介)
Messenger

 広陵(中国)にコールド勝ちした星稜(北信越)のエース奥川は、7回を3安打無失点、11三振を奪う圧巻の投球。「しっかりと丁寧に投げられ、勝手にボールも走ってくれた」と笑みがこぼれた。

 「自分の力を試したい」と今大会から決め球に使うフォークがさえ渡り、空振り三振は10を記録。「あの精度の高さにはお手上げ」と広陵の中井監督も脱帽だった。夏の甲子園終了後、2年生でただ1人U18(18歳以下)日本代表に選ばれた右腕が進化し続ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ