PR

スポーツ スポーツ

「みんなで取った金」 トランポリンで初の世界一の森、宇山組 一問一答

女子シンクロナイズドで優勝し、金メダルを手に笑顔の森(右)、宇山組=サンクトペテルブルク(共同)
Messenger

 日本女子初の世界一に輝いた森、宇山組は「みんなで取った金メダル」と声をそろえた。

 --金メダルの感想は

 宇山「鳥肌が立った。去年は森選手と高木選手が銀メダルで、超えたい思いはあった。達成することができた」

 森「ペアが急きょ変わって、このペアにして良かったと思いたかった。最終演技者で自分たちの演技をして優勝できたので、本当にうれしい」

 --演技内容は

 森「宇山さんが(10本連続の跳躍のうち)5本目で(自分より)後ろにいると分かったので、高さを下げて合わせにいった」

 宇山「中盤に(跳躍が)低くなってやばいと思ったけど、次の技から立て直そうと冷静に判断できた」

 --お互いの存在は

 森「普段からお姉さんで、甘えきっています」

 宇山「小学校低学年から知っていて、妹みたいな存在」       (共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ