PR

スポーツ スポーツ

柳田悠岐がパワー発揮 逆転サヨナラ2ラン 日米野球第1戦

Messenger

 九回に1点を取り返し、なお2死一塁。代名詞のフルスイングから生まれた力強い打球がバックスクリーンで弾むと、大歓声が柳田を包み込んだ。侍ジャパンが劇的なサヨナラ勝利。「最高です」。日本シリーズ第5戦で放ったサヨナラ本塁打を再現する会心の2ランに、興奮を隠せなかった。

 第1戦となったこの日は、MLBオールスターチームの長打力が際立っていた。侍ジャパンが献上した本塁打は3本。中堅から戦況を見つめていた柳田も、豪快なアーチ攻勢を目の当たりにし「一ファンとして守っていた」と刺激を受けていたという。

 第4打席まで無安打だったが、勝負どころで持ち前の長打力を発揮。「当たる球をしっかり当てる。その中で自分のスイングをしようと思った。シンプル・イズ・ベストです」。言葉にも手応えをにじませた。

 「苦渋の決断。勝つことに最善の努力をした」と稲葉監督が振り返るように、3三振と精彩を欠いていた4番山川(西武)に対し、九回に会沢(広島)を代打で起用するなど、2年後の東京五輪を見据えて勝利にこだわる姿勢も見せた。

 2番手の成田(ロッテ)、3番手の岡田(広島)が本塁打を献上するなど6失点を喫した投手陣や継投には課題が残ったが、勝って反省できるのは大きい。「粘り強く戦った」と稲葉監督。侍ジャパンが白星発進した。(浅野英介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ