PR

スポーツ スポーツ

新日鉄住金鹿島が4強 社会人野球日本選手権

九回、ピンチを抑えて勝利に抱き合って喜ぶ大貫晋一投手(左)と片葺翔太捕手(右)=9日、京セラドーム大阪(榎本雅弘撮影)
Messenger

 社会人野球の日本選手権第9日は9日、京セラドーム大阪で準々決勝1試合と2回戦2試合が行われ、新日鉄住金鹿島(茨城)が初のベスト4進出を決めた。東芝(神奈川)と新日鉄住金広畑(兵庫)はそれぞれ準々決勝に勝ち上がった。

 新日鉄住金鹿島は日本新薬(京都)に2-1で競り勝った。

 JR東海(愛知)と顔を合わせた東芝は1-2の五回に4点を奪い逆転、6-4で逃げ切った。新日鉄住金広畑は大和高田クラブ(奈良)を4-1で下した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ