PR

スポーツ スポーツ

男子SPで宇野昌磨トップ 宮原知子2位、三原舞依が3位 フィギュア・NHK杯

男子SP 演技する宇野昌磨=9日、広島県立総合体育館
Messenger

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は9日、広島県立総合体育館で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で第2戦のスケートカナダ覇者の宇野昌磨(トヨタ自動車)が4回転トーループで転倒したが、92・49点で首位発進した。昨年優勝のセルゲイ・ボロノフ(ロシア)が91・37点で2位、山本草太(中京大)が74・98点で6位、佐藤洸彬(南部美人)が67・38点で10位。

 女子SPで第1戦のスケートアメリカ優勝の宮原知子(関大)が76・08点で2位、三原舞依(シスメックス)が70・38点で3位につけた。GPデビュー戦の16歳、紀平梨花(関大KFSC)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足となって転倒し、69・59点で5位。2015年世界選手権女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が76・17点でトップに立った。

 ペアSPは須崎海羽、木原龍一組(木下グループ)が49・93点で8位。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ