PR

スポーツ スポーツ

稀勢の里は初日貴景勝戦 2日目は妙義龍 九州場所取組

Messenger

 日本相撲協会は9日、大相撲九州場所(11日初日・福岡国際センター)の取組編成会議を開いて2日目までの取組を決めた。初めて一人横綱で臨む稀勢の里は初日に小結貴景勝、2日目に平幕妙義龍の挑戦を受けることになった。元貴乃花親方(元横綱)の退職に伴い千賀ノ浦部屋に移った貴景勝とは過去2勝2敗。

 大関陣の初日は豪栄道が北勝富士、高安は妙義龍、栃ノ心が玉鷲と対戦する。成績次第で大関昇進の可能性もある関脇御嶽海は初日に栃煌山と当たる。

 十両以上で初日から休場を届け出たのは右膝痛の白鵬、右足首痛の鶴竜の2横綱と、左脚負傷の小結魁聖だった。魁聖について、師匠の友綱親方(元関脇旭天鵬)は途中出場する方針を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ