PR

スポーツ スポーツ

宮原美穂、苦戦しつつも2大会連続決勝へ 空手世界選手権

女子組手50キロ級準決勝でオーストリア選手に勝利し、ガッツポーズする宮原美穂=マドリード(共同)
Messenger

 組手の女子50キロ級の宮原が苦戦しながらも2大会連続で決勝に進んだ。初戦の2回戦は無得点での判定勝ち。3回戦、準々決勝はいずれも1-0の辛勝だった。国際大会で実績を残したことで相手から研究され「なかなか攻めることができなかった」と振り返った。

 だが、準決勝では得意の蹴りで得点を奪うなど、徐々に調子を上げつつある。前回は決勝で涙をのんだ。「最後は勝って、笑って終わりたい。そうじゃないと、2年前の負けが無駄になる」と気を引き締めた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ