PR

スポーツ スポーツ

広島ドラ1小園海斗「日本を代表する遊撃手に」

広島の指名挨拶を受けた、ドラフト1位の報徳学園・小園海斗=7日、西宮市の報徳学園(林俊志撮影)
Messenger

 ドラフト会議で4球団が1位指名で競合し、広島が交渉権を獲得した兵庫・報徳学園高の小園海斗(かいと)内野手が7日、兵庫県西宮市の同校でスカウト陣から指名あいさつを受けた。緒方孝市監督の「出会いに感謝」という直筆メッセージ入りの当たりくじを受け取った小園は「明るいチームなので、広島のカラーに染まっていきたい。目標は日本を代表する遊撃手になること」と意気込んだ。

 小園は俊足巧打の遊撃手として、2年生から2年連続で高校日本代表に選ばれた。同じく4球団から1位指名され、中日への入団が決まった大阪桐蔭高の根尾昂(あきら)内野手が、プロでは自身と同じ遊撃手に専念する意向を示したことに対しては「ずっとライバル。同じリーグなので、絶対に負けたくない気持ち」と闘志を燃やした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ