PR

スポーツ スポーツ

植草歩が決勝へ 荒賀龍太郎は敗退 空手世界選手権

女子組手68キロ超級準決勝で、得点を奪い喜ぶ植草歩=マドリード(共同)
Messenger

 空手の世界選手権は6日、マドリードで開幕し、組手で男子84キロ級の前回王者、荒賀龍太郎(荒賀道場)は2回戦で不戦勝の後、3回戦でベラルーシ選手に0-6で敗れた。

 2連覇を目指す女子68キロ超級の植草歩(JAL)は10日の決勝に進み、銀メダル以上を確定させた。植草は初戦から全4試合で無失点と、危なげない試合運びだった。

 女子68キロ級で世界ランキング2位の染谷香予、男子84キロ超級の香川幸允(ともにテアトルアカデミー)はともに1回戦で姿を消した。

 ■荒賀龍太郎の話「まだ整理ができてない。(得点を)取られるまでは、相手をしっかり見て、落ち着いてできていた」

 ■植草歩の話「勝ち切れたことが良かった。母と父が応援に来てくれていたので、どうしても決勝に行く姿を見せたかった」(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ