PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球通信】明暗分かれた2018年ドラフト 各球団悲喜こもごも

Messenger

 西武は「一本釣り」

 一方、10年ぶりのリーグ制覇を達成したものの、チーム防御率がリーグワーストだった西武は、大学屈指の本格派右腕、松本航(わたる)投手(日体大)の「一本釣り」に成功。1位指名の公表が相次ぐ中、事前公表をあえて避けた渡辺久信シニアディレクターは「(事前公表しなかったのは)戦略的なこともある。今年はピッチャーが弱かったので、正攻法でいった」と強調した。

 今回のドラフトで、抽選の結果に泣いたのが巨人、阪神の老舗球団だ。

 巨人は根尾、俊足巧打の外野手の辰己涼介(立命館大)を相次いで外し、結果的に左腕の高橋優貴投手(八戸学院大)を1位指名。来季から指揮を執る原辰徳監督にとっては、試練のドラフト結果となった。

 阪神もまた藤原、辰己を抽選で外し、最終的には近本光司外野手(大阪ガス)を指名。ネット上では「阪神のドラフト戦略には疑問が残る」などといったファンの厳しい意見が相次いだ。

 悲喜こもごもの指名結果となった今年のドラフトだが、入団すれば横一線でのスタートとなる。果たして、今年の指名選手の中から未来の球界を背負うプロ野球選手は生まれるか-。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ