PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球通信】明暗分かれた2018年ドラフト 各球団悲喜こもごも

中日からドラフト1位指名を受けた大阪桐蔭・根尾(左)とロッテからドラフト1位指名を受けた大阪桐蔭・藤原=10月25日、大阪府大東市の大阪桐蔭高校(村本聡撮影)
Messenger

 10月25日に行われたプロ野球のドラフト会議では、育成選手を含め104人の選手が指名された。甲子園で春夏連覇を達成した大阪桐蔭高からは、根尾昂(あきら)が中日、藤原恭大(きょうた)はロッテが交渉権を獲得。両球団にとって充実のドラフトとなった一方で、巨人、阪神などは1位指名を抽選で外すなど、各球団で明暗が分かれる形となった。各球団の戦略が色濃く出た今年のドラフトを改めて検証した。(プロ野球取材班)

 高校生野手に人気集中

 当たりくじを引き当てた瞬間、中日の与田剛監督は右手で力強くガッツポーズを作った。

 甲子園で遊撃手、投手の“二刀流”として卓越した野球センスを披露した根尾には、中日、巨人、ヤクルト、日本ハムの4球団が指名。競合の末に中日が指名権を獲得した。中日は2位でも東洋大の大型右腕、梅津晃大投手を指名するなど、充実のドラフト指名となった。

 ドラフト1位では、遊撃手として甲子園に出場した小園海斗(かいと)(兵庫・報徳学園高)も4球団、大阪桐蔭高の藤原にも3球団が指名。12球団のうち11球団が高校生野手に指名が集中した。

 抽選で根尾を外したものの、ドラフト巧者ぶりを発揮したのが日本ハムだ。「その年で最も能力の高い選手を1位指名する」という方針の下、外れ1位には“金農旋風”を巻き起こした吉田輝星(こうせい)投手(金足農高)を単独指名。栗山英樹監督は「長くプロ野球の世界で中心として活躍する投手だと思う」と会心の笑みを浮かべた。

 日本ハムは吉田投手のほかにも甲子園を沸かせた高校生を次々に指名。5年後に予定している新球場オープンを見据えたドラフト戦略となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ