PR

スポーツ スポーツ

白鵬、九州場所への出場は厳しい状況

2日、福岡市博多区の住吉神社で土俵入りを奉納する白鵬。左は魁聖
2日、福岡市博多区の住吉神社で土俵入りを奉納する白鵬。左は魁聖

 10月中旬に右膝の骨片除去手術を受けた大相撲の横綱白鵬について、師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は6日、九州場所(11日初日・福岡国際センター)への出場が厳しい状況にあるとの見方を示した。稽古のペースが上がっておらず「四股だけ。運動はしているけれど」と話した。福岡県篠栗町の宮城野部屋で取材に応じた。

 白鵬は右膝の他に、右足首の遊離軟骨を取り除くクリーニング手術も受けた。膝は冷えると痛みが出るそうで、同親方は「暖かければ大丈夫だけれど。寝るときも(膝に)カバーをつけている」と明かした。

 最終的な決断は近日中に下すという。6日の朝稽古で白鵬は報道陣の前に姿を見せなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ