PR

スポーツ スポーツ

春高バレー岩手県予選 男子は一関修紅、女子は盛岡誠桜が全国切符

Messenger
【一関修紅-盛岡南】第4セット終盤、一関修紅はエース武田柊嗣(右)が盛岡南の2枚ブロックをかわして21点目。勝利を引き寄せた=5日、盛岡市(石田征広撮影)
【一関修紅-盛岡南】第4セット終盤、一関修紅はエース武田柊嗣(右)が盛岡南の2枚ブロックをかわして21点目。勝利を引き寄せた=5日、盛岡市(石田征広撮影)

 「春の高校バレー」として行われる第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会の出場権をかけた岩手県予選会は5日、盛岡市のタカヤアリーナで男女の決勝戦を行い、男子は一関修紅が3-1で盛岡南に競り勝って2年ぶり12度目、女子は盛岡誠桜が3-0で盛岡市立に快勝して5年連続24度目の全国切符をそれぞれ獲得した。全国大会は来年1月5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ