PR

スポーツ スポーツ

新生二所一門が連合稽古 旧貴乃花勢など加入

二所ノ関一門の連合稽古で、汗を流す阿武咲(左)と高安=福岡市東区の佐渡ケ嶽部屋宿舎
Messenger

 大相撲九州場所(11日初日、福岡国際センター)に向けた二所ノ関一門の連合稽古が1日、福岡市東区の佐渡ケ嶽部屋で行われ、新たに一門に加わった旧貴乃花一門(6月に消滅)の千賀ノ浦部屋、阿武松部屋などの関取7人が初参加し、活気ある稽古が繰り広げられた。

 新加入の22歳、平幕阿武咲が大関高安と23番続けて取り、早速鍛えてもらった。元貴乃花親方(元横綱)の日本相撲協会退職に伴い消滅した貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋に移籍した22歳の小結貴景勝、平幕貴ノ岩も申し合いをこなした。横綱稀勢の里は相撲を取らず、四股などの基本運動にとどめた。

 阿武咲の師匠、阿武松親方(元関脇益荒雄)は「感慨深い。切磋琢磨してほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ