PR

スポーツ スポーツ

【ふくのわ通信】「BEYOND FES 丸の内」ステージショー

ダンスイベント参加者らで記念撮影 
Messenger

 ■ダンスでパラスポーツ応援

 まだ着られる衣類をリユースし、その収益金でパラスポーツを応援するふくのわプロジェクトは21日、東京都千代田区の商業施設「丸の内オアゾ」でステージショー「ふくのわ☆ダンス!ダンス!ダンス!」(産経新聞社、富士紡ホールディングス共催)を実施した。東京都のパラスポーツ応援イベント「BEYOND FES 丸の内」の一環。

 「ダンスで広げるふくのわの輪」をテーマに、全国有数の実力を誇る二松学舎大学付属高校と江戸川区立葛西第三中学校の混成チームのフレッシュなダンスでスタート。続いて両校が日本ダンス部選手権の入賞作品などを披露した。

 またアイドルコピーダンスコンクールで準優勝した「成城彼女」(成城大学)が欅坂46の「ガラスを割れ!」を踊り、観客で満員の会場に花を添えた。

 二松学舎大学付属高校の渡辺愛矢さんは「ダンスや衣類を寄付することで間接的にパラスポーツを応援できてうれしい」と話していた。

                   

 ■ドレスメーカー学院でマルシェ開催

 ふくのわプロジェクトと服飾専門学校の杉野学園ドレスメーカー学院(東京都品川区)が連携し、27、28の両日、同学院で行われた学園祭「DOREME 祭り」でふくのわマルシェが開かれた。

 過去にふくのわに寄せられた衣類のうち、同学院のファッションビジネス科2年生がえりすぐった約300点を販売。商品タグや展示方法に工夫を凝らし、2日間で約17万円を売り上げた。

 また会場には、高度アパレル専門科の4年生が汚れなどで販売できなかった衣類を再利用して作ったドレスも展示された。「SDGs」をテーマに、創意工夫が凝らされたドレスに来場者から感嘆の声が上がった。

 渡辺千佳子教授は「販売や制作を通じ、着なくなった衣類に新しい命を与えられ、学生にとってもよい学びになった」と話した。

                   

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ