PR

スポーツ スポーツ

柔道・高藤「無敗で東京五輪へ」出身地・栃木で4度目知事表彰

地元・栃木県の福田富一知事から県スポーツ功労賞(知事表彰)を贈られた柔道の高藤直寿選手=30日、宇都宮市の栃木県庁(楠城泰介撮影)
Messenger

 9月にアゼルバイジャンのバクーで開かれた柔道の世界選手権の男子60キロ級で金メダルを獲得した栃木県下野市出身の高藤直寿選手(25)が30日、宇都宮市の栃木県庁を訪れ、福田富一知事から県スポーツ功労賞(知事表彰)が贈られた。高藤選手の知事表彰は4度目。

 福田知事は「金メダルおめでとう。いよいよ次は東京五輪。気合を入れてお願いしたい」と激励。高藤選手は「目の前の大会を一つ一つ優勝して、無敗のまま東京五輪で金メダルを取りたい」と意欲をみせた上で「何回も表彰してもらえるように日々精進していく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ