PR

スポーツ スポーツ

春高バレー県大会、宮城は男子・東北 女子・古川学園が全国へ 秋田は28日決勝

東北の阿部晃也(3)と手嶋海斗(2)の2枚ブロックが相手攻撃にたちはだかる=27日、宮城県利府町のセキスイハイムスーパーアリーナ(石崎慶一撮影)
Messenger

 「春の高校バレー」として行われる第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会の出場権をかけた宮城県予選会は27日、利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで男女の決勝が行われ、男子は東北が仙台商を破って6年ぶり29度目の全国大会出場を決めた。女子は古川学園が利府を下して14年連続39度目の全国切符を手にした。

 秋田県予選会は27日、秋田市のCNAアリーナ★あきたで男女の準決勝まで計20試合が行われた。男子は雄物川と増田、女子は秋田北と聖霊女短大付が28日の決勝で対戦することが決まった。男子は午前10時半、女子は午後1時に試合開始予定。

 全国大会は来年1月5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ