PR

スポーツ スポーツ

【独自】巨人・上原が来季も現役続行へ 膝手術後初めて明言

巨人の上原浩治投手=東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
Messenger

 巨人の上原浩治投手が産経新聞の取材に応じ、来季も現役続行の意思があることを明らかにした。今後の進退について明言したのは初めて。巨人との1年契約が今季で切れる中、「野球ができることが美学。オファーをくれた球団でやりたい。(来年2月の)キャンプを迎えるまでには契約したい」と語った。(浜田慎太郎、田中充)

 上原は左膝手術翌日の24日、東京都内で取材に応じた。退院直後で左膝をかばいながらも、松葉づえを使うことなく歩いた。「膝はパンパンに腫れている」と話しつつも、悲観した様子はなかった。

 「まずは、膝回りが固まらないように動かすこと。年内に走れるようになればいい」とし、家族が待つ米国へ戻り、リハビリを続ける予定だと明かした。その上で「こういう手術をした状態でも取ってくれるところがあれば、どの球団でもプレーしたい」と述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ