PR

スポーツ スポーツ

日本シリーズ控えた広島、ソフトバンク両監督が意気込み

Messenger
監督会議終了時に握手する広島・緒方孝市監督とソフトバンク・工藤公康監督(右)=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)
監督会議終了時に握手する広島・緒方孝市監督とソフトバンク・工藤公康監督(右)=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)

 プロ野球の日本一をかけて、広島とソフトバンクが対戦する「SMBC日本シリーズ2018」が27日から始まるのを前に、広島・緒方孝市、ソフトバンク・工藤公康の両監督が26日、広島市のマツダスタジアムで会見に臨み、それぞれ意気込みを語った。

 2年ぶりの日本シリーズ進出となった広島はクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで巨人に3連勝と、短期決戦でもレギュラーシーズンでの強さを見せつけた。緒方監督は「するべき準備はできたと思う。あとは自分たちのプレーをして、思い切ってぶつかっていく」と力を込めた。

 一方のソフトバンクは、レギュラーシーズンで2位に終わったが、CSのファーストステージで日本ハム、ファイナルステージで西武を破り、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。工藤監督は「シーズン2位という中で、(CSでは)わずかな差で勝てた。日本一になるんだという強い思いを持つことが必要」と前を見据えた。

 第1戦は27日午後6時半から、マツダスタジアムで行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ