PR

スポーツ スポーツ

【ドラフト】西武4位指名の東日本国際大・粟津 初のプロ選手に「涙が出た」と吉村作治学長

西武4位指名の粟津凱士投手(左から2人目)を囲んで初のプロ野球選手誕生を喜ぶ東日本国際大学学長で考古学者の吉村作治氏(同3人目)ら=25日午後7時50分、東日本国際大学(内田優作撮影)
Messenger

 25日のプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で、新興の東日本国際大(福島県いわき市)の粟津凱士(かいと)投手が西武の4位指名を受けた。平成7年開学の同大学からのドラフト指名は初めて。「涙が出た」。考古学者の吉村作治学長も喜びに包まれた。

 午後6時半すぎ、名前が読み上げられると、同大会見場には「おおっ」という声が響いた。午後7時半に会見場に姿を見せた粟津投手は、笑顔で「プロの世界に入っても自分の力をつけ、一軍で活躍できる選手になりたい」と語った。

 指名を待つ間、「手に汗をかくくらい緊張した」といい、指名を受けたことについて「『うれしい』の一言」と語った。指名を受けた瞬間には、周りと握手を交わしたという。

 「高校を卒業するときは、野球をやめて就職しようと考えていた」と明かす。東日本国際大に進学予定だった同僚が引退することになり、代わって入学。そこから道が開けた。

 粟津投手は山形市出身。同市の山本学園高校を卒業後、東日本国際大へ。180センチ、80キロ。最速147キロの直球に2種類のシンカーを駆使する本格派右腕。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ