PR

スポーツ スポーツ

【ドラフト】横浜高校から1人指名 同校からは3年連続

日本ハムから4位指名を受け、チームメートに祝福される横浜高校の万波中正選手(中央)=25日、横浜市(河野光汰撮影)
日本ハムから4位指名を受け、チームメートに祝福される横浜高校の万波中正選手(中央)=25日、横浜市(河野光汰撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 25日に開かれたプロ野球のドラフト会議では、神奈川県内から日本体育大学(横浜市青葉区)の松本航(わたる)投手が埼玉西武ライオンズから1位指名、東妻勇輔投手が千葉ロッテマリーンズから2位指名。横浜高校(同市金沢区)の万波中正(まんなみ・ちゅうせい)選手は北海道日本ハムファイターズから4位指名を受けた。同校からの指名は藤平尚真投手(東北楽天ゴールデンイーグルス)、増田珠選手(福岡ソフトバンクホークス)に続いて3年連続となった。

 日本体育大学健志台キャンパスで行われた記者会見では松本航投手が「すばらしい選手がたくさんいるチーム。自分も負けないよう頑張りたい」と笑顔を見せた。なりたい選手像については「先発投手。チームの勝利にしっかり貢献できるようにする」と意気込み、対戦したい相手は、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手とした。

 指名獲得について「まず両親に報告したい」と話し、チームメートや関係者、大学の仲間たちには「自分が4年間やってこれたこと、上のステージで野球ができることは、みなさんのおかげ。一生懸命頑張ります」と意気込んだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ