PR

スポーツ スポーツ

水戸黄門漫遊マラソン 市長「おもてなし力」の大会に

Messenger
「第3回水戸黄門漫遊マラソン」の記念Tシャツを着て、大会の魅力などについて語る水戸市の高橋靖市長=23日午前、同市役所(丸山将撮影)
「第3回水戸黄門漫遊マラソン」の記念Tシャツを着て、大会の魅力などについて語る水戸市の高橋靖市長=23日午前、同市役所(丸山将撮影)

 28日に開催される「第3回水戸黄門漫遊マラソン」(水戸市など主催、産経新聞社共催)。フルマラソンのスターターを務める大会実行委員会会長の高橋靖(やすし)市長(53)に、大会にかける思いなどを聞いた。

 --3年連続で1万5千人を超えるエントリーがあった

 「千葉県や横浜市で同時期にマラソン大会がある中、多くの人に水戸の大会を選んでもらえてうれしい。市民の取り組みが評価された結果だと思う」

 --前回大会は雨の中での開催となった

 「走り終えたランナーへのケアなど、雨の中でもボランティアなどの方々が力を発揮してくれた。市民の皆さんに感謝したい。もちろん、改善を望む声も多くあり、今年はより良い大会にするため取り組みを進めてきた。晴れてくれるのが一番良いのだけど」

 --沿道の企業や個人宅にトイレを開放してもらう取り組みが好評だった

 「ボランティアトイレは多くの人から評価してもらっている。昨年は109カ所だったが、今年は147カ所に増えた。ランナーにはトイレの心配をせず大会に臨んでいただけると思う」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ