PR

スポーツ スポーツ

投手陣が13失点 ソフトバンク、西武打線に完敗

4番手で登板したソフトバンク・寺原隼人=メットライフドーム(山田俊介撮影)
Messenger

 火のついた西武打線の圧力に屈した。プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦で、ソフトバンクは投手陣が計13失点で5-13と完敗。登板した投手4人が全員、四球を出したことも大量失点につながり、苦しい立場に追い込まれた。

 特に先発ミランダが2回7失点と誤算で、左腕は「しっかりと準備してきたつもりだけど、結果が出なかった」と力なく振り返った。ファーストステージの第1戦から中4日で疲労がなかったわけではない。工藤監督は「勝つために、投手陣には無理を言ってるところもある」。これも挑戦者として試合を重ねながら勝ち上がる難しさだ。

 ただ、打線は序盤にリードを奪われても、追い上げる姿勢をみせた。しっかりと点は取れているだけにベンチに悲観的な様子はない。「また明日、取り返せるようにやるだけです」。工藤監督は前を向いて話した。(丸山和郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ