PR

スポーツ スポーツ

ドジャースの前田健太、悔しそうに降板

Messenger

 ドジャースの前田健太は1死二塁のピンチを招いて交代を告げられ、悔しそうにマウンドを降りた。同点の場面で登板し、7番ピナに右中間を破る二塁打を許す。続くアーシアは好守にも助けられて左飛に仕留めたが、代打グランダーソンが告げられるとロバーツ監督も動いた。

 第2戦で大飛球を打たれていた左打者との再戦は許されなかった。後を継いだ2投手が踏ん張り、無失点で切り抜けた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ