PR

スポーツ スポーツ

高山勝成のアマ登録認める ボクシング連盟 元プロで初

高山勝成
Messenger

 日本ボクシング連盟は16日、東京都内で記者会見し、プロの元ミニマム級世界王者でアマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成選手(35)=名古屋産大=のアマ登録を認めると発表した。日本連盟によると、プロ経験者が現役としてアマ登録されるのは初めて。高山選手は「これからが本当の勝負という強い気持ちで頑張っていきたい」と話した。

 国際ボクシング協会(AIBA)は16年リオデジャネイロ五輪からプロ選手の出場を解禁したが、日本連盟はプロ経験者の試合出場を認めてこなかった。高山選手は日本連盟への競技者登録を求めて行った日本スポーツ仲裁機構(JSAA)への申し立てを取り下げた。

 高山選手はフライ級で挑戦する意向。デビュー戦は来春、全日本選手権の愛知県予選を予定しており「プロとアマとでは別競技。体の切れを取り戻し、闘える準備をしていきたい」と意気込みを語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ