PR

スポーツ スポーツ

伊調馨選手、復帰戦に勝利 パワハラ問題経て2年ぶり

シニア57kg級 1回戦、勝利した伊調馨=14日午前、静岡県三島市(納冨康撮影)
Messenger

 五輪の女子個人種目で史上初の4連覇を達成したレスリングの伊調馨選手(34)=ALSOK=が14日、静岡県三島市で行われた全日本女子オープン選手権57キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪以来となる約2年2カ月ぶりの復帰戦に臨み、1回戦で大学生にテクニカルフォール勝ちを収めた。

 日本協会の強化本部長だった栄和人氏から受けたパワハラの問題を乗り越え、2年後の東京での五輪5連覇に向けて一歩を踏み出した。

 伊調選手はレスリング女子が実施種目になった04年アテネ五輪から4大会連続で金メダルを獲得し、国民栄誉賞を授与された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ