PR

スポーツ スポーツ

魔球の秘密見えた! 回転数と回転軸をハイテク球で計測 各社が続々開発

「球の伸び」の仕組み
Messenger

 25日に開かれるプロ野球ドラフト会議で複数球団の1位指名が予想される秋田・金足(かなあし)農高の吉田輝星(こうせい)投手(17)は、今夏の甲子園で威力ある直球を武器に三振の山を築いた。「球が手元で予想以上に伸びた」「球速より速く感じた」。対戦打者が舌を巻いた「球の伸び」のカギを握るのがボールの回転数だ。プロの世界では軍事技術を応用した大がかりな装置で測定しているが、投げるだけで計測できるセンサー内蔵のボールを国内のスポーツ用品メーカーが相次いで開発。投球を手軽に科学の力で分析することで、第2、第3の吉田投手の登場も期待できそうだ。(大宮健司)

 「球の伸び」の正体

 新たに開発されたのは、ミズノ(大阪市住之江区)の「MAQ(マキュー)」とアシックス(神戸市中央区)の「PITCH ID(ピッチ・アイディ)」。ともに見た目や重さは試合で使われる硬式球と変わらないが、球速はもちろんボールの回転数や回転軸の傾きなどを測定できる。

 投手が投げたボールは重力と空気抵抗を受け、速度を落としながら下向きの軌道を描く。この際、ボールが回転していれば周囲の空気の流れに差が生じ、回転軸と直角方向に力が加わる。カーブやシュートなどの変化球が曲がるのも、横向きに回転させたボールがこの力を受けるからだ。

 直球は横方向の回転ではなくバックスピンがかかっているため、回転数が多いほど上向きの揚力が強くなり、重力による沈みが小さくなる。これが「球の伸び」の正体だ。甲子園で吉田投手の高めの球に次々とバットが空を切ったのも、打者の予想よりボールが手元で沈まなかったからだとみられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ