PR

スポーツ スポーツ

バドミントン世界ランク1位の桃田が不適切行動を謝罪

バドミントンの世界選手権から帰国し、記者会見でメダルを掲げる(左から)桃田賢斗、福島由紀
Messenger

 バドミントンの男子シングルス世界ランキング1位で、日本代表合宿中に不適切な行動をしたとして日本協会から注意を受けた桃田賢斗選手(NTT東日本)が13日、欧州遠征出発前の成田空港で取材に応じ「お騒がせして本当に申し訳ない。軽率な行動で周りの人にまた迷惑をかけた。反省して生活、行動に気をつけたい」と謝罪した。

 5月の国内代表合宿でドーピングの抜き打ち検査があった際、現在女子ダブルス世界ランク1位の福島由紀選手(岐阜トリッキーパンダース)が宿泊施設の自室ではなく桃田選手の部屋で過ごしていたという。

 桃田選手は違法賭博問題で出場停止処分を受け、2016年リオデジャネイロ五輪に出場できなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ