PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】パナマ戦速報(5)日本、伊東の追加点で2-0に 川又、北川を投入

後半にチーム2点目を決めた伊東純也=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・蔵賢斗)
Messenger

 日本は後半開始からの選手交代はなし。立ち上がりから積極的に仕掛けて左サイドを攻め上がり、最後は三竿健がミドルシュートを放った。

 パナマもすぐさま反撃。後半5分、右CKからヘディングシュートに持ち込むが、枠をとらえられなかった。

 11分には南野がパナマに高い位置でボールを奪われ、窮地を迎えるが、相手のクロスが流れて事なきを得た。日本もすぐに反撃。三竿健の縦パスから、最後は大迫がシュートを狙うが、うまくミートしなかった。

 20分、原口の仕掛けから日本は好機を作り、南野のシュートは相手に阻まれたが、詰めていた伊東がねじ込み追加点。リードを2点に広げると、大迫と南野をベンチに下げ、ともに追加招集された川又(磐田)と北川(清水)を投入。北川は代表デビューとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ