PR

スポーツ スポーツ

根尾、吉田ら提出 プロ野球志望届締め切り

プロ希望を正式表明した記者会見の後、写真撮影でポーズを決める金足農の吉田輝星投手=10日、秋田市金足追分の同校(土谷創造撮影)
Messenger

 日本高野連と全日本大学野球連盟は11日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で233人(高校123人、大学110人)が届け出た。25日のドラフト会議で指名対象となる。

 センスあふれる野手が並ぶ高校生は、大阪桐蔭の根尾昂が複数球団の1位指名が確実視される。双璧をなすのは、金足農(秋田)を今夏の甲子園大会準優勝に導いた吉田輝星。1位競合の可能性は高い。大阪桐蔭からは外野手の藤原恭大、柿木蓮と横川凱の両投手も提出した。

 大学生は東洋大の150キロトリオに注目が集まる。大学日本代表でも活躍した甲斐野央、1試合20奪三振で東都リーグ記録を塗り替えた上茶谷大河、187センチの大型右腕の梅津晃大が上位指名候補だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ