PR

スポーツ スポーツ

ボクシング村田諒太「準備100%」 2度目防衛戦へ

練習を公開したWBAミドル級王者の村田諒太=11日、東京都新宿区の帝拳ジム
Messenger

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチ(日本時間21日、米ネバダ州ラスベガス)で2度目の防衛戦に臨む王者の村田諒太(帝拳)が11日、東京都内の所属ジムで練習を公開した。挑戦者で同級3位のロブ・ブラント(米国)との対戦を想定したスパーリングなどで調整し、「100%の準備はできている」と自信をみなぎらせた。

 村田は2回のスパーリングのほか、トレーナーを相手にしたミット打ちやサンドバッグ打ち、縄跳びなどで約1時間、体を動かした。2度目の防衛戦で、「慣れてきたこともあって落ち着いている。大事な試合だからこそ、舞い上がらずいつも通りに戦いたい」と平常心をキーポイントに挙げた。

 WBAは村田に対してブラントを指名挑戦者に対戦を指令し、ブラント陣営が興行権を落札した。村田陣営はミドル級最強を目指す村田の評価を高めるのにブラントの名声、力量が物足りないなどと判断。タイトル剥奪も覚悟で対戦に難色を示したが、条件面で歩み寄って試合開催を受け入れた経緯がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ