PR

スポーツ スポーツ

阪神・金本監督「やり残したことはあるが、結果の世界」辞任で会見

 本拠地での最終戦を終え、あいさつする阪神・金本監督=10日、甲子園
Messenger

 成績不振の責任を取って今季限りで退任することを明らかにしたプロ野球阪神の金本知憲(ともあき)監督(50)が11日、兵庫県西宮市の球団事務所で記者会見。金本監督は「決断したのは(17年ぶりの)最下位が決まったころ。やり残したことはあるが、結果の世界。若手が伸び悩んだのも現場の責任」と理由を説明した。

 就任3年目の金本監督は昨年オフに新たに3年契約を結んでいて、球団も続投の方針を示していたが、今季の甲子園球場での最終戦となった10日のDeNA戦の試合後、球団に辞任を申し入れた。

 後任監督には、掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(63)や岡田彰布(あきのぶ)元監督(60)、矢野燿大(あきひろ)2軍監督(49)らの名前が挙がっている。

 昨季の阪神はリーグ2位でクライマックスシリーズ(CS)に進出したが、今季は新外国人として期待されたロサリオ内野手の不振や、若手野手の伸び悩みが響いて打線が低調な試合が多く、リーグ3連覇を決めた広島からも大きく引き離された。

 金本監督は平成27年オフに和田豊前監督の退任を受けて監督に就任。1年目の28年はリーグ4位に終わったが、「超変革」をスローガンに掲げて若手を積極起用。チームが17年以来、リーグ優勝から遠ざかる中、生え抜きの若手野手の育成に期待がかかっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ