PR

スポーツ スポーツ

阪神金本知憲監督が辞任 最下位の責任取る

阪神・金本知憲監督=阪神甲子園球場(林俊志撮影)
Messenger

 プロ野球阪神の金本知憲(ともあき)監督(50)が今季限りで辞任することが11日、分かった。

 就任3季目の今季の成績は10日現在で142試合を戦い、61勝79敗2分け。17年ぶりの最下位が決まり、同日に甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われた本拠地最終戦後のセレモニーで「選手たちは開幕から体を張って頑張ってくれましたが、私の力が足らないため、こういう結果に終わってしまい、心よりおわび申し上げたいと思います」とファンに謝罪していた。

 金本監督は平成14年オフにフリーエージェントで広島から阪神に移籍。18年ぶりのリーグ優勝に貢献するなどし、連続イニング出場などの世界記録も打ち立て、24年に現役引退した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ