PR

スポーツ スポーツ

輝き放つ優勝トロフィー ラグビーW杯日本大会 埼玉県が報道陣に公開

「ラグビーW杯2019」の優勝トロフィーを挟んで記念撮影する上田清司知事(右)と斉藤正明県議会議長=10日、県庁(黄金崎元撮影)
Messenger

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」が10日、埼玉県庁で報道陣に公開された。県は県民の日の「11月14日」の「県庁オープンデー」で一般公開する。

 来年のW杯は熊谷ラグビー場(埼玉県熊谷市)で3試合が開催される。10日の報道陣への内覧会ではラグビーW杯2019組織委員会の鶴田友晴事務総長代理や上田清司知事、斉藤正明県議会議長らが出席し、大会をPRした。上田知事は「多くの人に優勝トロフィーを見てもらい、大会に強い関心を持ってほしい」と語った。

 W杯の優勝チームに贈られるウェブ・エリス・カップ(高さ472ミリ、重さ4・5キロ)は純銀製で表面は金ぱくでコーティングされている。来年の日本大会まで1年を切り、開催機運を盛り上げるため、今夏から12の開催都市を含め各地でお披露目されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ