PR

スポーツ スポーツ

高梨沙羅選手がCM出演の山形市を訪問 「また新しいスタートをしたい」

佐藤孝弘山形市長と懇談する高梨沙羅選手=10日、山形市役所(阿部尚美撮影)
Messenger

 ノルディックスキーのジャンプ女子で平昌五輪の銅メダリスト、高梨沙羅選手(22)=クラレ所属=が10日、山形市役所を表敬訪問し、佐藤孝弘市長らと懇談した。

 懇談で佐藤市長は、平昌五輪で銅メダル獲得と8日が誕生日だったことを祝い白バラの花束を贈り、高梨選手が登場する山形市のCMが、地元民放局が主催する「山形ふるさとCM大賞」で昨年、優秀賞を受賞したことに謝意を示した。

 続いて佐藤市長は「来年1月のW杯蔵王大会では万全の準備をしてやってください」というと、高梨選手は「はい、ありがとうございます」とし「平昌五輪では目標としていた金メダルに届かなかったが、メダルを取れてうれしいという気持ちもあるのですが、やはり目標を達成できなかった気持ちもあり、また新しいスタートをしたい」と述べた。

 高梨選手は、平昌五輪の銅メダルを見せ、佐藤市長は「おっ、これか。ずっしり、重いですね」と驚いた様子で、平昌五輪の写真を佐藤市長に贈った。

 高梨選手は、平成24年3月に山形市の蔵王ジャンプ台で行われたW杯第11戦で日本人女子選手として初優勝して以来、W杯で優勝を重ねていった経緯があり、山形市との縁は深く、来年1月に蔵王で開催されるW杯蔵王大会に出場する予定だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ