PR

スポーツ スポーツ

元横綱輪島が死去 優勝14度、「輪湖時代」築く

1979年1月、大相撲初場所で土俵入りする横綱輪島=蔵前国技館
Messenger

 大相撲の第54代横綱輪島として優勝14度を果たした輪島大士氏=本名・輪島博=が死去したことが9日、分かった。70歳。石川県七尾市出身。

 日大卒業後、昭和45年初場所に花籠部屋から幕下60枚目格付け出しで初土俵。2場所続けて幕下全勝優勝し、史上最速の所要2場所で十両へ昇進した。46年初場所新入幕。関脇だった47年夏場所で初優勝し、48年夏場所後に横綱の地位に就いた。大学を卒業して角界入りした力士で横綱はこれまで輪島ただ1人。

 第55代横綱北の湖と数々の名勝負を繰り広げて熱戦は日本中を熱狂させ、「輪湖時代」を築いた。優勝回数では北の湖の24度に後れを取ったが、対戦成績では輪島が23勝21敗と優位だった。通算成績は673勝234敗85休。

 トレードマークは金色の締め込み。細身の引き締まった体で左下手からの投げを得意とし「黄金の左」と称された。

 56年春場所限りで引退し、年寄「花籠」を襲名。57年には自身の女性問題が原因で夫人(後に離婚)が自殺未遂事件を起こし、委員から平年寄に2階級降格した。花籠部屋を継承したが、年寄名跡を借金の担保に入れたことが発覚して廃業へ追い込まれた。以降はプロレスラーやタレントとして活動した。

 平成25年には咽頭がんの手術を受けていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ