PR

スポーツ スポーツ

錦織圭が8強入り ペールにストレート勝ち 楽天テニス

 シングルス2回戦でブノワ・ペールを破り、準々決勝進出の錦織圭=武蔵野の森総合スポーツプラザ
Messenger

 男子テニスの楽天ジャパン・オープンは第3日の3日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザでシングルスの1、2回戦を行い、世界ランキング12位で第3シードの錦織圭(日清食品)は世界63位のブノワ・ペール(フランス)をストレートで破り、8強入りを決めた。

 1回戦で杉田祐一(三菱電機)との日本人対決を制した錦織は第1セット、巧みなフットワークや要所でのドロップショットでペールを翻弄。第1サーブの成功率が上がらない中、ラリーを着実に制し、立ち上がりから5ゲームを連取した。その後は3ゲーム続けて返されたが、第9ゲームをラブゲームで奪い、6-3で制した。

 第2セットは3ゲームを先取される苦しい展開。5-3と逆転後、5-5と追い付かれたが、第11ゲームで相手のミスをうまく誘ってブレークし、そのまま7-5で押し切った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ