PR

スポーツ スポーツ

所属先変更願と上申書提出 貴乃花親方の弁護士

Messenger

 大相撲の貴乃花親方(元横綱)の担当弁護士が27日、東京都墨田区の両国国技館を訪れ、日本相撲協会に貴乃花部屋の力士らが千賀ノ浦部屋に移籍するための所属先変更願と、貴乃花親方の引退届を退職届と読み替えることを求める上申書を提出した。

 25日に提出した変更願の書類には千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の押印がなかったとして相撲協会に受理されなかったが、今回は千賀ノ浦親方の署名と押印があるものを提出。貴乃花親方の引退届も、退職に必要な退職届ではなかったことから受理されていない。上申書について弁護士は「引退という文字を退職と読み替えてほしい。法的な手続きではよくあること」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ