PR

スポーツ スポーツ

貴乃花親方の届を受理せず、圧力は否定「事実一切ない」 日本相撲協会

会見する日本相撲協会の芝田山広報部長=25日午後、東京都墨田区(松本健吾撮影)
Messenger

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は25日、東京・両国国技館で記者会見し、退職を届け出た貴乃花親方(元横綱)が圧力を受けたなどと主張した件について否定した。協会の八角理事長(元横綱北勝海)は報道陣の問い掛けに無言だった。

 貴乃花親方は、弟子の幕内貴ノ岩関に対する元横綱日馬富士の傷害事件を巡り、内閣府へ提出した告発状(その後取り下げ)の内容を事実無根と認めないと親方を辞めないといけないと要求を受けたと説明したが、芝田山広報部長は「そのような事実は一切ない」と話した。一門に所属しない親方は部屋を持つことができない旨の決定についても事実関係を否定した。

 貴乃花部屋の力士や床山、世話人が千賀ノ浦部屋へ移籍するとした所属変更願について、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の署名、押印がなかったとして受理しなかった。貴乃花親方の届け出は、親方の退職に必要な退職届ではなく引退届だったため、受理しなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ