PR

スポーツ スポーツ

【大相撲】貴乃花親方が日本相撲協会を退職 「真実を曲げられない」と告発状への見解相違を理由に

会見に臨む貴乃花親方=25日、東京・六本木(撮影・長尾みなみ)
Messenger

 大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱、本名・花田光司、東京都出身=が25日、日本相撲協会に退職届を提出した。貴乃花親方は東京都内で会見し、内閣府へ提出した協会運営の不備を批判する告発状をめぐる協会との見解の溝を埋められなかったことなどを理由に挙げた。

 親方は今年3月、昨年秋に弟子の貴ノ岩に対し元横綱日馬富士がけがを負わせた傷害事件に絡んで告発状を提出し、その後に取り下げた。親方によると、協会側は「告発状(の内容)は事実無根」とする見解を伝え、親方にも認めるよう要求したという。さらに、無所属で活動していた親方に対して、「一門に属さないと部屋は運営できず、事実無根と認めないと一門に所属できない」などと圧力もかけてきたという。

 親方は「真実を曲げて告発状を事実無根とすることはできなかった。(騒動が長引くことで)弟子を萎縮させたくなかった」などと、決断にいたった経緯を述べた。一方で、「無念というか、悲しい思いです」と悔しさもにじませた。

 優勝22回を誇る「平成の大横綱」が、あまりにも突然の形で角界から去ることになった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ