PR

スポーツ スポーツ

【貴乃花親方退職会見・速報(1)】貴乃花親方が退職理由を説明「告発状が事実無根とは認められない」

退職届を提出し会見にする貴乃花親方=25日午後、東京都港区(宮川浩和撮影)
Messenger

 大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱・貴乃花光司=が25日、日本相撲協会に退職届を提出し、東京都内で記者会見に臨んだ。主な会見の内容は以下の通り。

 〈会見場には100人以上の報道陣が集まり、20台以上のテレビカメラが構えられた。午後5時、貴乃花親方はスーツ姿で登場。同席した弁護士から「引退届」を提出したと説明があった。その後、貴乃花親方は神妙な顔つきで口を開いた〉

 「本日、年寄を引退する届けを提出した。引退理由は次の通り。本年3月9日、私は貴ノ岩への傷害事件に関する協会への対応について真実を隠さないようにと告発状を提出した。その後弟子の不行き届きもあり、3月28日付で取り下げたが、告発状の内容には真実に反する点はなかった。その後、降格処分を真摯に受け止め、一兵卒としてゼロからスタートし、部屋の力士への指導、監督、審判としての業務に粛々と従事した。

 しかし、本年8月、協会より、協会が依頼された外部弁護士の見解を踏まえた書面が届いた。告発状は事実無根の理由だと結論づけられたという内容だった。私は書面で告発状の内容は事実無根でないと説明したが、その後、認めないと親方を廃業せざるを得ないと有形、無形の要請を受け続けた。

 さらに協会理事会において、すべての親方は一門のどこかに所属しないといけない、しないと部屋を持つことができないとの決定がなされた。いずれかの一門に入る条件として、告発の理由は事実無根の内容に基づくものと認めるよう、言われ続けた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ