PR

スポーツ スポーツ

【大相撲秋場所】白鵬12連勝、鶴竜2敗目 稀勢は9勝目、2敗3人

大相撲九月場所12日目 白鵬は掬い投げで栃ノ心を下す=20日、両国国技館(撮影・菊本和人)
大相撲九月場所12日目 白鵬は掬い投げで栃ノ心を下す=20日、両国国技館(撮影・菊本和人)
その他の写真を見る(1/3枚)

 大相撲秋場所12日目は20日、両国国技館で行われ、単独トップの横綱白鵬はかど番大関の栃ノ心を危なげなく右すくい投げで退け、初日から12連勝とした。ただ一人1敗だった横綱鶴竜は大関高安の上手投げに屈し連敗。鶴竜と高安はともに10勝2敗で、栃ノ心は5敗目。

 横綱稀勢の里は関脇御嶽海を寄り切り、連敗を免れ9勝目を挙げた。御嶽海は5連敗で6勝6敗。大関豪栄道は平幕阿炎を下して2敗を守った。

 全勝の白鵬を2敗で鶴竜、高安、豪栄道の3人が追う。十両は明生ら4人が4敗で首位に並んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ