産経ニュース

【大相撲秋場所】稀勢の里、現役続行へにわかに暗雲 玉鷲に完敗

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲秋場所】
稀勢の里、現役続行へにわかに暗雲 玉鷲に完敗

玉鷲に敗れて2敗目を喫し、支度部屋でさえない表情の稀勢の里=16日、両国国技館 玉鷲に敗れて2敗目を喫し、支度部屋でさえない表情の稀勢の里=16日、両国国技館

 風呂から上がった稀勢の里が髷を結い直す間にじっと目を閉じる。今場所2人目の役力士との取組となった玉鷲戦は一方的な敗戦。今場所で初めて言葉らしい言葉が出てこなかったことからも、受けたショックの大きさがうかがえた。

 立ち合いで1度突っかけたのは、馬力自慢の玉鷲に圧力負けしてはいけないという恐怖の表れだったのかもしれない。2度目の立ち合いで突進をまともに受け止めると上体を起こされる。そのままずるずると後退し、あっけなく押し出された。

 前日までの神がかったような残り腰はない。玉鷲は平成28年九州場所から12場所連続で前頭筆頭以上をキープし、そのうち9場所が三役の実力者だ。7日目までの相手よりも力量、実績ともに格が上で、逆転の余地を一切与えてくれなかった。

 復活への途上にある稀勢の里の現在地を示した一番ともいえる。平幕からは何とか星を拾えても、役力士相手には通じない。残り7日間で2横綱、2大関、2関脇との対戦を残しており、現役続行への道に暗雲が立ち込める。

 9日目は長期休場中に大関へ駆け上がってきた栃ノ心の挑戦を受ける。故障明けで本調子とはいえないが、かど番脱出へ必死の実力者だ。「本場所は違う」と厳しい戦いを覚悟して上がった土俵。真価を問われる後半戦が始まる。(奥山次郎)

このニュースの写真

  • 稀勢の里、現役続行へにわかに暗雲 玉鷲に完敗
  • 稀勢の里、現役続行へにわかに暗雲 玉鷲に完敗
  • 稀勢の里、現役続行へにわかに暗雲 玉鷲に完敗

「スポーツ」のランキング