PR

スポーツ スポーツ

【重量挙げ】三宅義行会長のパワハラ疑惑、コンプライアンス委で調査 日本協会

記者会見で頭を下げる日本重量挙げ協会の三宅義行会長=15日午後、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
Messenger

 日本重量挙げ協会は15日、東京都内で理事会を開き、三宅義行会長による過去のパワハラ疑惑について、協会内のコンプライアンス委員会で調査することを決めた。三宅会長は同日、「ご迷惑とご心配をかけ、誠に申し訳なく思う。どのような(調査)結果であれ、私はその結果に従うつもりだ」と述べた。

 協会によると、日本代表経験のある元女子選手の指導者から2015年、三宅氏による13年ごろの女子選手への言動がパワハラ行為にあたるとの訴えがあった。当時は関係者間で話し合いを行うにとどまったが、1日の常務理事会で再び取り上げられ、同協会で対応を検討していた。

 コンプライアンス委で元女子選手や三宅会長らから聞き取りを行い、10月前半には一定の調査を終えたいとしている。必要に応じ第三者委員会の設置も検討するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ