PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】巨人、リーグV完全消滅 高橋由伸監督「全てが終わったわけではない」

DeNA対巨人 打てない打線に渋い表情を見せる巨人・高橋由伸監督=15日、横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
Messenger

 DeNAに競り負けた巨人はリーグ優勝の可能性が完全に消滅した。自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性もなくなった。高橋監督は「それが現実」と唇をかんだ。

 攻守ともに精彩を欠いた。守備では一回、二塁手の山本がフライを落とし、先制点を献上。先発の菅野は7回2失点(自責点1)と踏ん張ったものの、三回に3者連続四球で押し出し点を与えた。打線はわずか3安打に抑えられ、相手の拙守絡みの1点しか奪えなかった。

 菅野は「慎重になりすぎた。押し出しは論外」と反省。4年連続でリーグ制覇を逃し、「昨年が終わってから優勝を目指して、自主トレ、キャンプで厳しい練習をやってきた。悔しい以外のなにものでもない」と険しい表情を浮かべた。

 チームの借金は今季最多の7に膨らんだ。2位ヤクルトとのゲーム差が5に開く一方、最下位とは1.5ゲーム差しかない。厳しい状況に追い込まれているが、「きょうで全てが終わったわけではない」と高橋監督。CSに進出できる3位の死守が目標になる。(浜田慎太郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ