PR

スポーツ スポーツ

馬場馬術の日本勢は全員予選落ち  世界選手権

Messenger

 馬術の世界選手権は13日、米ノースカロライナ州のトライオンで行われ、2日間に分けて行われた馬場馬術の個人予選が終了し、4選手が出場した日本勢は林伸伍(アイリッシュアラン乗馬学校)の46位が最高で、全選手が予選落ちした。

 各チーム上位3人の合計点で争う団体で日本は15チーム中14位に終わった。ドイツが優勝し、2位米国、3位英国など6位までが2020年東京五輪の出場枠を獲得した。日本は開催国として既に出場が決まっている。

 総合馬術は2日間で行われる馬場馬術が始まり、北島隆三(乗馬ククレイン)は暫定15位、戸本一真(日本中央競馬会)は18位につけた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ