産経ニュース

【プロ野球】巨人・ゲレーロ、復帰後は本塁打量産 1番起用でチーム浮上なるか

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
巨人・ゲレーロ、復帰後は本塁打量産 1番起用でチーム浮上なるか

【プロ野球巨人対ヤクルト】1回、右飛に倒れる巨人のアレックス・ゲレーロ=東京ドーム(撮影・長尾みなみ) 【プロ野球巨人対ヤクルト】1回、右飛に倒れる巨人のアレックス・ゲレーロ=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

 巨人浮上のカギを握る選手がいる。今季途中、不振に苦しんだゲレーロだ。約2カ月間のファーム暮らしを経て、8月26日に1軍に復帰。「自分のプレーを見てください。調子はいいです」と語っていたが、その言葉通り、復帰後11試合で5本塁打とバットが振れている。

 この日のヤクルト戦では、2戦続けて1番に起用された。昨季在籍した中日時代も含めて、1番を打つのは今回が初めて。典型的な長距離打者に“切り込み隊長”を任せるのは奇策にも映る。

 高橋監督は12日の試合後、「いろんな理由がある。どういった形が一番点を取れるのか考えた結果」と多くを語らなかった。最近の調子の良さに加え、得点圏打率が比較的低いことも考慮したのかもしれない。

 ゲレーロは今季、クリーンアップや6、7番を経験し、今は1番を打つ。打順に対するこだわりについて、かつてこう語っていた。「リズムがつかみづらいので、できれば固定するのがいい。でも与えられたところで頑張ります。自分は“兵士”なので」

 昨季は35本塁打を放ってタイトルを獲得した。その実績からすると、今季の成績はまだまだ物足りない。巨人はAクラス争いのまっただ中。チームを上位へと押し上げる、助っ人らしい働きを見せたいところだ。(浜田慎太郎)

「スポーツ」のランキング