PR

スポーツ スポーツ

【東都大学野球】国学大、中大が勝ち点1

国学院大・鎌仲純平外野手(撮影・赤堀宏幸)
Messenger

 東都大学野球リーグ第2週第3日は13日、神宮球場で3回戦2試合が行われ、国学院大が立正大を5-4で下し、中大が亜大に3-1でサヨナラ勝ちし、ともに2勝1敗で勝ち点1とした。

 国学院大は九回に鎌仲が勝ち越し三塁打を放った。中大は1-1の延長十三回に五十幡がリーグ戦初アーチとなる2点本塁打を放った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ