PR

スポーツ スポーツ

【女子テニス】凱旋会見、“大坂節”も飛び出す「ねむい」「私を目標にしないで」

テニスの全米オープンで初優勝し、帰国会見をする大坂なおみ=13日午前、横浜市西区(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 テニスの全米オープンで日本勢初の四大大会シングルス優勝を飾り13日、凱旋帰国会見に臨んだ大坂なおみ選手(20)。「今は眠いが、とてもうれしい」と“大坂節”で会場を沸かせた。日本のファンへの感謝の言葉を口にし、生まれ故郷の北海道を襲った地震の被災者へも気遣いを見せた。

 大坂選手は午前4時前に米国から羽田空港に帰国した。ロビーでは早朝にもかかわらず、大勢のファンが待ち構え、「なおみちゃーん」「おかえりー」と歓声が飛んだ。

 その後、横浜市内のホテルで会見に臨んだ。深緑のブラウスに黒のズボン姿。耳には、決勝でも付けたラッキーアイテムの真珠の飾りを光らせた。

 冒頭で「たくさんの日本人が応援に駆けつけてくれてうれしかった。(空港でのファンの多さに)びっくりしたが、いつも応援してくれて感謝している」と語り、笑みを浮かべた。

 全米オープン開催中に生まれ故郷で祖父の鉄夫さんが住む北海道で起きた地震にも触れ、「被害に遭われた方にお見舞い申し上げます」と述べた。

 全米オープンを制し、錦織圭選手から、ローマ字でもらった「おめでとう」のメッセージが一番うれしかったとし、「平仮名で『ありがとう』と返した」と明かした。

 帰国中は同じテニス選手の姉や上京予定の祖父と会うのが楽しみだといい、日本でやりたいことを問われると、若者らしく「原宿に行きたいし、東京ドームの隣のジェットコースターにも乗りたい」と無邪気に答えた。

 会見では「大坂節」も飛び出した。帰国後食べたいと話していた抹茶アイスも「食べなかった」とし、ファンへのメッセージを促されると「いつも応援ありがとうございます。こんにちはー。おすしはすごくおいしい」と日本語で語った。

 また、テニスをする子供に「いい影響を与えたい」とする一方、「私を目標にはしないでください。責任が取れませんので」と冗談を飛ばし会場を沸かせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ